埋没法と切開法の違い|美容外科で新しい自分を手に入れるなら信頼できるクリニックを選ぼう

美容外科で新しい自分を手に入れるなら信頼できるクリニックを選ぼう

レディ

埋没法と切開法の違い

ドクター

目はその人の印象を左右する重要なパーツです。目が一重か二重かの違いだけでも、その人の印象は大きく変わります。目が一重の女性は、メイクで二重にしている場合が多いです。それだけ一重の目にコンプレックスを持っている人が多いということです。今は美容整形をしなくてもアイテープやアイプチなどで二重にすることができますが、毎日メイクで二重にするのが面倒だと思っている人は多いでしょう。アイテープやアイプチは使いすぎるとまぶたがかぶれてしまうこともあるので、できることなら二重になりたいということで心斎橋の美容外科で施術を受ける人が増えています。昔は二重の美容整形にかかる費用が高かったので、心斎橋で施術を受ける人は少なかったですが、最近では比較的安い費用で二重にできるということもあり、多くの女性が心斎橋の美容外科クリニックで施術を受けています。心斎橋の美容外科では二重にするために、主に「埋没法」と「全切開法」のどちらかの方法で施術を行ないます。

埋没法には「挙筋法」と「瞼板法」の2通りあります。挙筋法は二重の理想のラインに合わせて、挙筋という筋肉に糸を結びつけるという方法です。奥の方で糸を結びつけるので、糸が取れにくく、まぶたの裏に糸が出てくることもありません。一方で瞼板法は、筋肉ではなく瞼板という軟骨に糸を結びます。そのため、時間が経っても二重の幅が狭くなったりなくなったりすることがない安定した二重を作ることができます。瞼板の位置は挙筋よりも手前にあるため、埋没法の修正を行なう時にスムーズに施術ができるというメリットがあります。

切開法には「全切開法」と「部分切開法」の2通りあります。全切開法では目の上の皮膚を切開し、縫合することでくっきり二重を作ることができます。上まぶたに脂肪が多く腫れぼったい一重の人でも、手術の時に余分な脂肪を取り除くことができるのでぱっちりとした二重になります。部分切開法は、全切開法と同じ術式ではありますが、切開する範囲が狭いのが特徴です。切開する範囲が狭い分、ダウンタイムが短いため日常生活に早く戻れます。

美容外科での二重手術で起こるトラブルには、「理想の二重にならなかった」というケースが一番多いようです。最初のカウンセリングで医師としっかり打ち合わせができなかったり、技術のない医師に当たってしまったりといったことが原因かと思われます。そういった事態にならないようにするためにも、信頼できる心斎橋のクリニックを見つけることが大切です。