豊胸手術の種類と費用|美容外科で新しい自分を手に入れるなら信頼できるクリニックを選ぼう

美容外科で新しい自分を手に入れるなら信頼できるクリニックを選ぼう

レディ

豊胸手術の種類と費用

ウーマン

心斎橋にある美容外科では、胸を大きくするための美容外科手術を受けることができます。胸は女性のシンボルとも言われており、胸が小さいという悩みや、ハリがないという悩みを抱えて心斎橋にやって来る患者さんが多いです。美容外科で行なう豊胸手術にはいくつか方法があります。それぞれ手術方法や費用が異なるため、どの方法が自分のニーズに合っているのか判断することが重要です。今まで心斎橋の美容外科で行われていた豊胸手術は、シリコンバッグを胸に挿入する方法が多かったのですが、最近では美容外科の技術も進歩しており、メスを使わない豊胸手術も登場しています。それでは、心斎橋の美容外科で行なわれる豊胸手術を3つピックアップして説明したいと思います。

豊胸手術の主流とも言える方法で、「バッグプロテーゼ挿入法」というものがあります。ジェルや液体が入っているバッグを挿入し、胸を大きくする方法です。バッグの内容物には、シリコンや生理食塩水、ハイドロジェルなどがあります。体質・骨格・乳腺・触り心地・希望の胸のサイズを考慮して、最適なものを選びます。脂肪やヒアルロン酸を注入する方法とは異なり、体内に吸収されることがないので形の良いバストを長期間維持できるというメリットがあります。この手術にかかる費用は、挿入するバッグの種類によって異なりますが、50~120万円が相場です。安全性の高い人気のバイオセルバッグだともう少し高くなり、90~110万円が相場となっています。

女性の悩みを二つも解消できるのが、「脂肪注入法」です。その名の通り太ももやお尻の脂肪を取り出し、胸に注入することでバストアップする方法です。自分の脂肪を注入することで、手触りや見た目が自然なバストを手に入れることができます。脂肪を採取することで部分痩せ効果も得られるので、女性にとっては嬉しいことだらけと言えるでしょう。また、脂肪細胞をバストに注入するという手術なので、メスを使う必要もありません。そのため、体への負担も少ないです。この手術にかかる費用は、バストアップするサイズにもよりますが、「基本料金30~50万円+脂肪吸引の費用」が目安です。脂肪吸引の費用はクリニックによって異なるので、事前に確認しておくと良いでしょう。

短時間の手術で終わらせたいのであれば、「ヒアルロン酸注入法」が最適です。注射でヒアルロン酸をバストに注入するだけでバストアップできます。最近では体内に吸収されにくいヒアルロン酸が開発されており、効果の持続期間も長くなっています。傷跡も残りませんし、入院する必要もありません。費用は比較的安いですが、使用するヒアルロン酸の質にもよります。だいたい10~30万円が相場と考えておくと良いでしょう。